6月 18

Honda VFR1200F
バイクについては専門外ですが、韓国のお客様からホンダの大型バイクを安価に輸入したいとの問い合わせを頂きました。私も30年以上前には中型バイクに乗ったりしていましたが、一度事故を起こしてからは怖くて乗れなくなってしまいました。今は自動二輪の免許はありませんし、原付きにも乗りません。ただ、たまに季節が良くなるとバイクで走ると気持ちいいだろうなあとは思ったりするのですが、免許も必要ですし、実際バイクを買ったりしたら大変なので、夢のままです。
 
今回の依頼はホンダのVFR1200Fという大型バイク1台だけです。個人輸入レベルですが、韓国の釜山で購入すると1台約220万円するそうです。日本ではメーカーの車両小売価格で162万円、販売店で146万円位とだいぶ値差があり輸入したほうが安くなりそうです。
 
お客様の希望のモデル、仕様、カラーをヒアリングし、バイクを専門に輸出入しているパートナーと相談し見積を作成していきます。今回は日本では乗らずに、韓国に納品しますので、国内かヨーロッパ、アメリカから直接韓国に輸出することになります。お客様はこのモデルの赤を希望されているのですが、既にメーカーでは製造しておらず、赤は2010年モデルにしかありません。新車の在庫を探すしかないのですが、たまたまヨーロッパ仕様でリミッターがかかっておらず、日本仕様よりも50馬力もパワーが大きなモデルが国内に在庫がありました。いわゆる逆輸入車で当時は円高だったため、仕入れもそれなりに安かったようです。仕入れ金額もリーズナブルで韓国の釜山まで、諸費用込みで150万円ほどで輸出可能となりました。韓国の現地で登録などの費用が別途かかりますが、十分安価にご提供できたと思います。
 
これまでは輸入を多く手掛けていましたが、円安のトレンドはまだまだ続くと思われますので、今回のように輸出案件に取り組んでいこうと思っています。

Tagged with:
6月 09

取引環境改善型需要開拓支援事業
 
取引先の事業縮小や資金繰り悪化などで売上げの減少が見込まれる中小企業・小規模事業者様むけの補助金情報です。新たな販路開拓や新製品の開発などに必要な費用の1,000万円(補助率:2/3)が補助金として支給されます。補助金ですから、もちろん返済の義務はありません。詳細の条件はありますが、現在まだ公募中のようですので、興味のある企業様はこちらからお気軽にお問い合わせください。販路開拓や新規事業のご相談、申請業務などでご支援させて頂ければと思います。
 
・取引環境改善型需要開拓支援事業 – http://www.torihiki-kaizen.jp

4月 25

ファイナンス支援サービス:ファクタリング
消費税もアップし、新しい年度も始まりました。今年度もあっという間に1カ月が過ぎてしまいましたが、企業にとって資金調達は永遠の課題です。弊社では売掛債権や在庫を資金化、流動化できるファクタリングサービスを提携するファイナンス会社とともに提供しております。最近は手形決済が少なくなってきましたが、クライアント企業によっては請求書を発行した後、入金されるまで3カ月ほど掛かる場合があります。当然ですがこの間にも仕入れ代金、人件費、外注費の支払いが先行して必要になります。運転資金として銀行から借入を行うなど必要な手続をする必要もでてきますが、融資の枠は今後のためにとっておきたいというケースもあると思います。また、最近借入を行ったばかりで、銀行との交渉は来年にしたいなどの要望があるかもしれません。こういう場合には売掛債権の買取、いわゆるファクタリングにより売掛債権を早期に資金化してもらうことが有益です。

ファクタリングとは

ファクタリングとは既に請求書をクライアントに発行している売掛債権を早期にファイナンス会社が買取、資金化することで、請求書の支払日よりも前に御社に現金として入金することができます。ファクタリングは借入ではありませんので代表者の個人保証や連帯保証人は一切必要がありません。また、定期的な利用も可能となり、資金繰りの恒常的な悪化を解消できる場合もあります。

-「ファクタリング」による資金繰支援

弊社ではお客様の資金ニーズに合わせて、銀行など金融機関からの借入、ファクタリング、投資家やエンジェルからの投資、事業会社との資金業務提携などのマッチングや支援を行っております。サービスのお問合せはこちらからお願い致します。

3月 17

DSC_0139
テレビのニュースでは、大手企業が様々な国の支援策を受けることと引き換えに、ベースアップをせざるを得ない状況となっているようで、久しぶりに賃上げという話題が聞かれるようになりました。これ自体は国が無駄な事業に投資するよりもよっぽど経済のためには良いのかもしれませんが、まだまだ日本の企業の大部分である中小零細企業には無縁と感じていました。
 
今回、また補助金のご紹介になりますが、「小規模事業者持続化補助金」の募集が始まりました。この補助金は対象を小規模事業者としているためか、3分の2の事業経費を助成、上限50万円まで(新たな雇用創出の場合は100万円まで)と金額は少ないものの、申請書類を含め、非常に申請がしやすい補助金だと思います。詳細は以下のリンクからご覧いただけます。各エリアの商工会議所の指導が必要になりますが、興味がある方は一度相談に行かれるのはどうでしょうか。もちろん、こちらからもお気軽にお問い合わせください。
 
 「小規模事業者持続化補助金」 — http://www.jizokukahojokin.info/
 
アベノミクスによる経済活性化の具体策なのでしょうか、ここ半年くらいの間に様々なタイプの補助金や助成金の募集があるようです。申請自体は書類作成を含め、確かに手間はかかりますが、折角の募集ですので経営者の方は活用を検討されたほうが良いと思います。

1月 18

J-LOP
ジャパン・コンテンツ ローカライズ&プロモーション支援助成金」は昨年、申請を受付けて既に1,660件、そのうち1,000件以上の事業が採択されています。今回、本助成金が1年間延長され申請受付が始まります。
 
この助成金は日本のコンテンツの海外展開に必要な 「ローカライズ」や「プロモーション」への支援等、海外発信に対する総合的な支援を実施することにより、日本ブーム創出に伴う関連産業の海外展開の拡大、観光等の促進につなげることを目的としています。助成金の総額は155億円と大きく、海外へ進出を検討している企業様には是非ともご活用頂ければと思います。
 
「ジャパン・コンテンツ ローカライズ&プロモーション支援助成金」の詳細については以下のジャパン・コンテンツ海外展開事務局(J-LOP事務局)のサイトを参照頂ければと思います。

ジャパン・コンテンツ海外展開事務局(J-LOP事務局)

弊社では本助成金への申請支援及び海外展開支援についてのご相談を承っております。ご興味のある方はこちらからお問合せください。

preload preload preload